スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - |
横尾忠則氏のドキュメンタリー映画が来年公開!
美術家・横尾忠則の初ドキュメンタリー映画が細作開始
「ヨコハマメリー」監督が迫る現代の巨人 

 [シネマトゥデイ映画ニュース] ジャンルを超えて活動する美術家・横尾忠則をテーマにしたドキュメンタリー映画『映画 横尾忠則(仮題)』の製作が発表された。これまでにも横尾を特集したテレビ番組などはあったが、横尾にテーマを絞ったドキュメンタリー映画が製作されるのは今回が初めて。今月27日に75歳の誕生日を迎え、その当日には旭日小綬章を叙勲された現代美術の巨人に迫る作品だ。

 本作は、世界的なアート界の巨匠である一方で、多岐にわたる活動を長年行ってきた横尾忠則をテーマにした初のドキュメンタリー映画。同時代を生きている人々にとってもその活動の全ぼうを把握するのは容易ではなく、ある人にとってはデザイナー、もしくは世界的評価も高い美術家として、またある人にとっては映画『新宿泥棒日記』「寺内貫太郎一家」シリーズでの俳優として記憶されている横尾の真実の姿に迫る作品となる。

 生きながらして伝説となっているといっても過言ではない人間・横尾をカメラで追うのは中村高寛監督。戦後の横浜で50年もの長きにわたって生きた伝説の娼婦をテーマにした初監督作の映画『ヨコハマメリー』で、話題をさらったドキュメンタリー界の新鋭だ。前作で見せた確かな取材力と構成力を武器に、本作でも独特の視点から、「横尾忠則」を描いてくれるに違いない。

 国内での評価はもちろんのこと、海外でも横尾の作品は、モダンアーティストならば誰しもあこがれるニューヨーク近代美術館やボストン美術館、さらにはヨーロッパ最古の美術館一つともいわれるウフィツィ美術館に収蔵されるなど揺るぎない評価を確立している。さらに5月27日に75歳となったばかりでありながら、ツイッターを駆使するその姿、そして今後も「ヨコハマトリエンナーレ2011」をはじめとして多くの展覧会が企画されているなど、その活動の勢いは留まるところを知らない。現代の巨人ともいえる横尾のすべてに迫った作品は7月から本格的に製作が開始され、来年2012年の春に完成、同年中に公開される予定となっている。(編集部・福田麗)

『映画 横尾忠則(仮題)』は2012年公開



※6月27日の間違い

横尾忠則 | 18:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
今、岡山がホットスポット!
横尾忠則 絵人百九面相」展 開催中

2011年6月1日(水)− 7月10日(日) 

岡山県立美術館

〒700-0814
岡山市北区天神町8-48

TEL.086-225-4800
開館時間 
9時〜17時(入館は閉館30分前まで)
月曜休館日
(休日の場合はその翌日)


横尾忠則 | 16:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
横尾ポスター展、明日まで。
 いくらなんでも放ったらかしすぎるブログに意味はあるのかな?
と先日ふと思ったりした。
そんな時に、

4年放ったらかしてたブログの続きを最近再開したって人がいて
上には上がいるもんだとびっくりした。

twitterのパラレルな世界から見ると
ブログは故郷のようにいつもゆったりとした時間が流れている。
だから
気ままに温泉につかるように
好きな時に自分で鍵を開けて戻ってくればいいんだと思う。

大阪の横尾忠則ポスター展は明日が最終日。
行けなかったのが残念でならない。
でもそれは
次の展覧会に行ける暗示でもある。そう思う。ことにした。

◆個展

横尾忠則全ポスター展

2010年7月13日(火)〜2010年9月12日(日)

国立国際美術館
〒530-0005
大阪市北区中島-2-55
tel:06-6447-4680
URL : http://www.nmao.go.jp
時間:10:00〜17:00 (金曜 10:00〜19:00)
休館日:月曜日
(月曜が祝日の場合は翌日休館)


横尾忠則 | 01:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
失われたもの
 失われたものを追い求めてはいけません
それは あなたの前を通り過ぎたひとつの経験
しかし すべてが終わりを告げたことをー
自覚する勇気をもちなさい

失われたものを嘆いてはなりません
それは あなたに与えられたひとつの贈り物
しかし すでに役目を果した思い出としてー
そっと別れを告げなさい

失われたものを憎んではなりません
それは あなたが輝くために必要な出来事
だから 感謝をこめて顔をあげてー
いまを歩きはじめなさい

失われたものをいとおしむ心をもちなさい
あなたに起こることのすべてに意味があります。
あらゆる思惑を捨てて 心を鎮めるとー
新しいあなたが生まれます


「新世紀版・天使の愛」 
アートワーク横尾忠則/メッセージ中森じゅあん


横尾忠則 | 23:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
横尾ツイッター語録
食欲がない時はライスカレーを食べる。ライスカレーは母親伝授の昔の味だ。
それにわらび餅も食べる。子供の頃食べたものが体に一番いい。


甘えん坊はノスタルジーやセンチメンタルを愛するが、この二つは後ろ向きの精神だ。
相手にしない方がいい。といつも自分に言いきかせている。



「仕事」というのは如何にも「仕事」で生活が重くのしかかるようで
画家にはふさわしくない。じゃ画家は仕事ではないのか。
コツコツ描いている分には職人だ。
でも商売が目的ではないのでやっぱり「遊び」か。絵と戯れているのだから遊びだ。
その遊びに金を払ってくれた時、初めて遊びが「仕事」に変る。
横尾忠則 | 20:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
ポルト・リガトの館
 横尾忠則「ポルト・リガトの館」
・ポルト・リガトの館 ・パンタナールへの道 ・スリナガルの蛇
の三部作になっていて、発売になったばかり。表紙も素敵☆



元は文学界に単独で掲載されていたもので2009年4月号が「ポルト・リガトの館」
私はこっちで読んだ。



主人公の画家、唯典(ただのり)がスペインのポルト・リガトのダリの家を
訪ねて行くところから話が書かれているのだけれど
気がつくと
現実の話?夢の中?かと思えばあの世?かと思えば時間の喪失?
読み進むうちにどんどん横尾ワールドに連れ去られて行く快感。
ぐんぐんぐんぐん引き込まれてあっという間に読み終わってしまい
ラストシーンは私が泣きたい気持ちになった。
ラストシーンというと読書っぽくないけどこの表現がピッタリな気がする。
紙に印刷された文字なんだけど絵画的、ビジュアル文学?!

夢を見る(夜眠って)ことが多い人はきっと引き込まれると思う。

ところで
登場人物のフランスのゲイの青年、気になったままです。
この白い服を着た青年はゲイでありながらガラともベッドインしている。
いわゆる両性を持ち合わせていてあっという間に距離を移動する。
意識と肉体が別々の場所にある。
フランス語も英語も流暢にしゃべり唯典の心を読む。
あの世の案内人か天使か一番好きな登場人物。しゃべり方も好き。

ほぼ日の中で糸井重里が読んだ感想を書いていて、なるほどその通りだと思った。
どんな枠もルールもない横尾氏本人まんま!
文学というアカデミックなルールなんか蹴散らして
掴まらないよね絶対。
荒俣宏も過去、書籍の中に 横尾さんは掴まらない って書いてあったっけ。

横尾忠則 | 23:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
横尾忠則の日記より
YOKOO'S VISIONー横尾忠則の日記ー1/13より転載

「アラビアン・ナイト」の中に”アジブ王の物語”というのがある。
この国王は旅の途中で、様々な苦難に遭うが、ある時、夢の中で「どんなことがあっても神の名を呼ぶな」と告げられる。だが、簡単に神の名を口にする。
もしそうしなければ「国王の未来は約束された素晴らしい人生を送ることになる」とまで夢のお告げがあったのに、、、、、。
Y字路じゃないがこの王はこの通りの人生があったが、約束を守らなかったがために、不幸の道を辿るが、もう一方の道こそ彼の約束された道(運命)だった。
運命の分かれ道は誰にもあると思うが、約束されている道に気づく者と気づかない者がいる。
この王は気づかなかったために、どんどん不幸の道を選んでしまった。運命に流される人間と運命を切り開いていく人間の二通りの人間が自分の中にいるというわけだ。

......................................................................................................................

二通りの人間がいる、のではなく
二通りの人間が自分の中にいる というところに共感します。


●横尾忠則「天の岩戸」第13回パリ・ビエンナーレ展出品作(1985作)

作品の前に立ったとき圧倒的な力と美しさにくらくらしました。

横尾忠則 | 23:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
寛容
 寛容

寛容に
すべてを許すことを選んでください
寛容に
成長していくことを望んでください
寛容に
やさしくなれることを信じてください

自然の姿から
寛容の教えを思い出してください
自然のすべてから
寛容の愛を味わってください

天使の愛
「新世紀版・天使の愛」 
アートワーク横尾忠則/メッセージ中森じゅあん
横尾忠則 | 23:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
横尾&糸井対談始まり♪
いといよこお
http://www.1101.com/yokooendless/index.html

横尾さんと糸井さんが大の仲良しは有名だけど
二人の対談は毎回楽しい。

連載2回目で(今回はどうも15回くらい続く予定?らしい)すでに
東京Y字路撮影秘話に やはり! と思うことだらけ。

デジカメの使い方は横尾さんに共感。
しかも私はコンデジのくせにオートはほとんど使ったことがない。
毎回すべての設定をわざわざ変えて撮っている。
室内を「花火」にしたり
木々を「水族館」にしたり
昼間の空を「夜景」にしたりめちゃめちゃだ。
フラッシュを使うべきところで使うのが好きじゃない。
とても楽しい。

見えるそのままが写真になるだけが一番つまらない。

横尾忠則 | 21:11 | comments(2) | trackbacks(0) |
今、この時
今、この時

今、この時を
十全に感じましょう
今、この時を
しっかりと味わいましょう
今、この時を
大切に生きましょう
あまり考えすぎると
真実が遠ざかります
過去にとらわれていると
エネルギーが失われていきます
未来を心配していると
歓びが去っていきます
今、この時のなかに、成長の好機があります
今、この時のなかに、希望の実現があります
今、この時のなかに、人生の創造があります

天使の愛
「新世紀版・天使の愛」
アートワーク横尾忠則/メッセージ中森じゅあん
横尾忠則 | 23:23 | comments(4) | trackbacks(0) |

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

Profile

Entry

Category

Comment